商品一覧

骨気マッサージミルク

骨気マッサージミルク

骨気マッサージミルクは、骨にしっかりアプローチする独特な手技である骨気(コルギ)用として日本骨気協会が開発したマッサージ料です。マッサージ中も水分が蒸発する事が少なく一定のほどよい粘度が保てる為、使い勝手がよく肌に馴染みやすいです。セルフ骨気にも是非お使いください。

日本骨気協会が、骨気(コルギ)をするために造ったマッサージ料です。
サロンでのご利用はもちろんのこと、セルフ骨気をする場合にも最適です。

『骨気マッサージミルク』の特長
※毎日のセルフ骨気で約3ヶ月~4ヶ月お使い頂けます。
1. お顔だけでなく体全体にもお使いいただけます。
2. サロンだけでなく、セルフ骨気用としても最適です。
3. 女性、男性ともにご利用いただけます。

————『骨気マッサージミルク』開発者より
開発者:H.T
某最大手化粧品メーカで、49年間化粧品開発に携わる。

良いマッサージ料は伸びや重さに変化がなく、施術中は心地よいマッサージを受ける事ができます。その為、マッサージ料には適度な粘度が必要です。クリームの様に重いテクスチャーだと心地よさが感じにくくなり、逆に滑りやすいオイルでも技術によっては心地良さが感じにくくなります。また、従来の乳液タイプはマッサージ中に水分が蒸発しやすくなるため手技に変化が起こりやすくマッサージには向かない商材でした。

今回、日本骨気協会様より、骨気(コルギ)に最適なマッサージ料の開発依頼を受けました。そして、『骨気マッサージミルク』の開発にあたり、クリームやオイル、従来の乳液では得られない“粘度”や“滑りの持続”を実現させる事に成功しました。

『骨気マッサージミルク』は、マッサージ中にも水分が蒸発する事が少なく一定の程よい粘度が保てる為、マッサージがしやすく肌にとても馴染みやすいです。骨にしっかりとアプローチする骨気(コルギ)に特に最適で、マッサージ中の心地よさも体感する事ができる骨気マッサージミルクが遂に完成しました。

水と油の様に本来混ざり合わない物を混ざり合った状態(エマルション)にする事を「乳化」と言い、乳化には水が油分を取り囲む「O/W型」と油が水分を取り囲む「W/O型」があります。

一般的な乳液は「O/W型」で水が油分を取り囲んでいるので(ウォーターベース)みずみずしい使用感がありますが、長時間のマッサージには水分が蒸発してしまい手技に影響を及ぼしてしまいます。「W/O型」は油が水分を取り囲んでいるので(オイルベース)マッサージ中の水分の蒸発が少なく心地よいマッサージが実現できます。

従来、油が水分を取り囲むW/O乳化は、粒子同士が合一しやすく安定性(油と水が分離しない事)を保つことが困難でした。水は油より重いので、水を包む油の粘度が低いとどうしても容器の底に落ちてきて時間と共に合一します。しかし、どれ程開発が困難でも心地よいマッサージ「W/O型」を追求する林幸千代先生の要望に応えるべく何度も試作を繰り返しました。
そこで、ようやく油に分散・膨潤しやすくした粘土鉱物を配合することで粘度を高めると同時に乳化剤として働かせ、安定化を実現させました。そのような観点からも『骨気マッサージミルク』はこだわり抜いた乳化タイプのマッサージ料です。

内容量:300ml
価格:6,500円(税別)

Switch languages

ページ上部へ戻る